ブルーベリージャムをレモンなしで作るレシピ

ブルーベリージャムをレモンなしで作るレシピ

ブルーベリージャムはレモンなしでも簡単に作ることができます。
材料はブルーベリーと砂糖の2つだけなのでとても覚えやすく、果実の量に合わせて砂糖の分量を決めます。
お店で売られているような甘い仕上がりにしたいなら果実と砂糖の割合を6対4くらいにするとしっかり甘みのある濃い味になります。
もっとあっさりした自然の甘みが好みなら、7対3程度にします。果実本来の糖度も影響するので、完熟の場合やまだ酸味が残っている場合で砂糖の量を調節してください。

 

作り方は、まず果実をきれいに洗って重さを量ります。
好みの甘さになるように砂糖を加えて混ぜて厚めの鍋に入れ、果汁が出てくるまでしばらく放置しておきます。

 

果汁がある程度出てきたら鍋を火にかけます。
沸騰するとアクが出るのですくい取り、弱火にしてかき混ぜながら水分を蒸発させて煮詰めていきます。常にかき混ぜていないと底が焦げ付くので注意してください。

 

分量が半分くらいになってとろみがついてきたらスプーンで少量すくって小皿に入れて、お皿をひっくり返してしっかりジャム状になっているかどうか硬さを確かめます。
ゆるすぎたらもう少し煮詰めて調節してください。
ブルーベリーソースとして使いたい場合はゆるめのほうが便利に使えます。